LETS

提供: Solecopedia
2009年12月27日 (日) 14:24時点におけるMiguel (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成: {{書きかけ項目}} '''LETS'''(英: '''Local Exchange Trading Schemes'''あるいは'''Local Exchange Trading Systems'''(地域取引システム)の略称)、ある…)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

この記事は書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています。

LETS(英: Local Exchange Trading SchemesあるいはLocal Exchange Trading Systems(地域取引システム)の略称)、あるいはLETSシステムは、補完通貨の一種である。これらは非営利の地元取引ネットワークであり、そこでは商品やサービスは日本円・米ドル、ユーロなど法定通貨を使わずに取引可能である。トロントなどではLocal Employment and Trading System(地域雇用取引システム)と呼ばれている。フランス語圏ではSEL("Système d'Echange Local"の略称)、ドイツでは交換リング("Tauschring")と呼ばれている。

歴史

LETSは1983年に、マイケル・リントンによって創設され、カナダはブリティッシュ・コロンビア州のコモックス・ヴァレーで最初のLETSが運営された(現在は存在せず)。マイケル・リントンがデザインしたシステムは、法定通貨を代替するものではなく、それを補完するものとして考案された。

LETSのネットワークでは、無利子の信用貸し(クレジット)を地域単位で行うことにより、直接バーター取引を行わなくてもよいようになっていう。たとえばある会員が他の人を預かることでクレジットを獲得し、このクレジットによりネットワーク内の他の人に日曜大工を頼んだりすることができる。他の補完通貨システムとは違い、LETSでは紙幣は発行されず、中央事務局で取引が記録されて、その内容は全会員に公開される。クレジットが便宜を受けたネットワークの会員により発行されるため、LETSは相互信用システムとみなされる。

成功事例

外部リンク