米国連帯経済ネットワーク

提供: Solecopedia
2009年12月23日 (水) 08:36時点におけるMiguel (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成: {{draft}} '''米国連帯経済ネットワーク'''(英:'''U.S. Solidarity Economy Network'''、SEN)は、米国における連帯経済の全国ネットワークである…)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

テンプレート:Draft

米国連帯経済ネットワーク(英:U.S. Solidarity Economy Network、SEN)は、米国における連帯経済の全国ネットワークである。

歴史

連帯経済が米国で初めて大々的に議論されたのは、2007年6月にジョージア州アトランタで開催された第1回米国社会フォーラムにおいてであり、翌月にSENが誕生した。隣国(カナダおよびメキシコ)から相当な支援を受けて設立され、その後北米連帯経済ネットワーク (NENSE)に加盟し、書籍などの形で有益な情報を刊行している。2009年3月にマサチューセッツ州アマーストにおいて第1回の全国フォーラムを開催し、現在は2010年6月にミシガン州デトロイトで開催予定の第2回米国社会フォーラムに向けて準備している。

資料

外部リンク