持続可能な開発

提供: Solecopedia
移動先: 案内検索

英語の"Sustainable development"の訳語である持続可能な開発あるいは持続可能な発展は、経済成長が社会や環境に及ぼす影響への疑問に対する回答として1980年代に登場したものである。一時期環境開発という単語も使われたが、現在では持続可能な開発のほうが幅広く使われている。

長い検討を経て、持続可能な開発は国際社会が関心を示すテーマの一つとなった。

1992年のリオサミットで、持続可能な開発に関して27の原則を持つリオ宣言が出された。持続可能な開発の軸3つが国際的に初めて発表され、各地域向けにアジェンダ21が作成された。 2002年のヨハネスブルクサミットでは、大企業も初めて参加した。

これらの会議を経て社会の代表(NGO、政府、そして後に企業)が世界の課題や、各地域における実施方法、そして持続可能な開発の概念を企業が実際に実施する方法が話し合われた。


定義

ブルントラント・レポートの中で環境と開発に関する世界委員会が1987年に提案した定義に従うと、持続可能な開発とは以下の通りである:

「将来世代が自らの需要を満足させる能力を危機に晒すことなく現在の需要を満たす開発。この考え方に固有の概念が2つある。『需要』、特に優先すべき貧しい人たちの基本需要と、現在および将来の世代の需要を満たすためにわれわれの社会組織が環境の能力に対して課す負荷の限度という概念である」

持続可能な開発として通常認識されているものは、「福祉や社会正義の改善に加え、エコシステムの尊重に貢献する一定数の原則の実施」に向けられている。


持続可能な開発の3つあるいは4つの柱

持続可能な開発は一般的に、環境領域、社会的領域および経済領域の交差で示される。場合によってはこの単純化された図に、政治や規制および文化といった4つ目の領域が加えられることがある。

この持続可能な開発のモデルの長所は、環境、経済、社会そして政治や文化を含む相対的(とはいえ完全なものではない)な自主性を享受する別の分野の相互依存を強調するという点である。何度も見てきたように、持続可能な開発は単なる環境にとどまるものではなく、これらの分野の相関関係が、単純な図示以上に分析されなければならない。

持続可能な開発の新しいモデルに向けて

この単純化された表現は、さまざまな批判を受けてきた。環境経済学の潮流ではこれらの領域の間の相互依存は、環境こそが人類の経済活動や社会活動の必須条件ではあるものの、その逆は真ではないことから、持続可能な開発という観点からは非対称である。René Passetの分析を拡張する形でMartin O'Connorは、「持続可能な開発の四面体モデル」を提唱している。

この観点からは、持続可能な開発は、いずれも最適なものではない社会的オプションの間における交渉、仲介あるいは考慮の対象である。持続可能な開発は多くの当事者からは、どうしても不完全なものとなる決定の限界において必要なユートピアとしてみなされる。


参考文献

  • René Passet: L'économique et le vivant, 1979 (フランス語)
  • Martin O'Connor: Le modèle Tétraêdrique du Développement Durable, septembre 2005 (フランス語)