ブラジル連帯経済フォーラム

提供: Solecopedia
移動先: 案内検索

この記事は書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています。

ブラジル連帯経済フォーラムFórum Brasileiro de Economia SolidáriaFBES)は、ブラジルの連帯経済ネットワークである。

歴史

同フォーラムを創設しようというアイデアは、2001年1月にブラジルはリオ・グランデ・ド・スール州のポルト・アレグレで開催された第1回世界社会フォーラムにおいて、「民衆連帯経済と自主運営」という分科会に様々な分野(労働組合教会、学生、農村や都市の地域団体など)から1500名が参加したことから生まれた。現在のフォーラムという形になったのは2003年のことであるが、その前身団体などによりブラジル労働雇用省に連帯経済局が設置された。2006年6月にはブラジル全国連帯経済会議を開催し、RIPESS中南米と緊密な関係を築いている。また、ブラジルの27州全てに州単位のフォーラムが設置されている。

主な活動

  • 連帯企業の創設
  • コンサル・研修活動
  • 中央政府や地方政府の政策立案
  • 納入業者やニュースなどの情報提供

外部リンク